ページ

2016/03/27

「ロイ子」

と書いても、ろいこと読みます。
これはジャケットのテレビに映っている「ふうせんコートの人」の愛称です。
もともとアルバム名が決定するより先に、ジャケットの素案はいくつか届いて、
「3Dメガネをかけた群集」の案や、「映画のフィルム風」の案など様々ある中で、
その中でも特に異彩を放っていたのが「ふうせんコートの人」 の案でした。


その中でも特に異彩を放っていたのが「ふうせんコートの人」の案、
その衝撃性とバランス感を両立したデザインは満場一致で採用されるに至り、
後日、それを眺めつつカップ麺を食べながらアルバム名を決定する流れとなったのですが、
出てくる案はどれも決定打に欠け、とうとう議論が暗礁に乗り上げかかったその時、
ギターのひとが出した「leuko」という案。意味合いもさることながら大事なのはその発音「ろいこ」。
そこにすかさず「じゃあこのふうせんコートの子は”ロイ子”ね」と言い放ったのが誰かはさておき、
そうしてアルバムタイトルは(ついでにふうせんコートの人の性別も)決定したのでありました。
デザイン担当して頂いたHITOEさまには頭が上がりません。ふうせんなのに。
三曲目は空を飛ぶ曲です。ふうせんだけに。ふうせんだけに。






000003.戦闘機平成

「僕の賭けを 君に託そう」


・ふぇのめのんずを代表する不謹慎タイトルソング2。
・とはいえ不謹慎なのは実はタイトルくらいで、歌詞内容は以下臨界事故同文。
・いや、、、臨界事故よりはちょっと不謹慎かもしれない。 ただ、いずれにせよ主題は社会性にはない。これは題材として戦闘機を扱っているだけであって、根本的なテーマとしては、生きること、戦うこと、連鎖すること、その辺りに関わる大きな話だと思っています。だから別にシチュエーションは戦闘機に限らなくてもよいし、戦争ですらなくてもいいぐらい。それを現代の平成という時代に捉えた楽曲だが、これは平成という時代が終わって次の新しい時代が訪れても、いつの時代でも変わらないテーマとして在り続ける、、、ような気がする。
・デモ音源完成は2014年6月頃。この、2014年上半期という時期の楽曲は現在のセットリストで利用されているものが多く、要するに豊作だった時期のひとつである。他に「BLACK LEADY」「天使の塔」「night black」「星花火」などがこの時期の楽曲。
・バンドでの初演は2014年9月。比較的デモ完成から実現までが早い曲だった。その頃のセットリストにはテンポの一定以上に速い楽曲が「夢々し」くらいしか存在しなかったため、戦闘機の登場は、同年6月に初演となった「BLACK LEADY」と合わせて、フェノメノンズセットリストの方向性を大きく変革させることとなった。
・フェノメノンズ楽曲としてはめずらしい、鍵盤があまり前面に出ない楽曲であるため、かえって鍵盤のひとのお気に入り曲のひとつでもある。 完成時にメンバーに送ったメールは「ギターロック出来たよ!やろう!」だった。鍵盤のひとはしばしば、鍵盤の必要ない楽曲を作る。
・他曲に比べてまっとうにギターロック風味かつ歌ものっぽい楽曲であるため、一部から人気が高い。ありがたいことです。
・最後サビ入る前の「あの花の咲く方へ」が、「あの花が咲く!oh year!!」に聞こえるという報告がある。
・(その他空耳報告がいくつかあるが、実は八割方作詞者の確信犯だったりするのでした)
・そういうかんじで、歌詞は”曲の要所要所においしい単語が聞こえてくる”ということを目指して作られていて、特にサビ入りの瞬間の「空へ飛び立つ」に命を懸けている。そぉーーらぁーーーーへぇーーーーっっ、とび、たぁつ!!!!
・一番サビ終りにギターのリフっぽいソロっぽい一幕があり、作曲者的にはここがこの曲の最大の魅せ場だと思っているのだが、ギターのひとはここをやたら苦手としていて、レコーディングにおいても苦戦を強いられた。ちなみにこれはコードとして最後サビの後にも出てくる。
・コーラスが多用される楽曲のひとつであり、最後サビの後半ではメインのメロディに対して三度上下のコーラスが入る三声仕様まで検討されたが、実際にやってみたところ「アルフィっぽい」という意見から廃案となった。歌詞もアルフィっぽい。たったっかーう。
・歌詞中に出てくる「火名菊」及び「碑名菊」は造語であり、どちらもヒナギクと読む。戦闘機雛菊って、ありそうな名前ですね。。。歌詞は最初「花が咲い た」というところから始まるし、これは曲中通してひとつの重要なモチーフであるのだが、「花」が特に「菊」であることにはけっこう多くの意味合いがある。



2016/03/11

「ロイコ」

と読み、leukoと書きます。
アルバム名はボーカルのひとがつけました。
わりと気に入ってます。
言いやすいっていうのが大きいです。語感。
語感大事ですよね。

語感大事なんですけど、
これ、ふつう読めないぞ、という話にはなりました。
CDには、こっそりこっそりルビがふってあります。
ロイコと読みます。
二曲目はりんかいじこと読みます。





000002.臨界事故

「ここにいることは あるいは ひとつの 自己」


・ふぇのめのんずを代表する不謹慎タイトルソング。
・とはいえ不謹慎なのは実はタイトルくらいで、歌詞内容は過激だったりとか反社会的だったりとかぜんぜんしない。これは戦闘機とかにも言える事で、あくまで題材として扱っているだけ。
・デモ音源完成は2011年6月末頃。まさしく地震のあった年。鍵盤のひとがふぇのめに加入した年でもある。
・バンドでの初演は2014年1月。これまた、デモ完成から実現まで時間のかかった曲だ。当初このデモを持っていったときは実現不可能として容赦なくお蔵入りをくらったのである。フェノメノンズは一時期は五人編成だったことがあり、デモはその時期のものであるため五人を想定して書かれていたが、2013年に四人編成となってから、改めてこの曲を四人編成に編曲し直して提出したところ採用され、ついに実現に至ったのである。個人的にはバンド加入して初期の作曲であり、思い入れの強い楽曲であったので、実現したときはなかなか感慨深いものがありました。
・テーマは言わずもがな、311大震災と、原発事故。鍵盤のひとはこの日がちょうど高校の卒業式だったこともあり、人生の節目の、別れと旅立ちの日にあのような事態となったことで、人生観の根底みたいなレベルのところから何やら調子を崩されてしまい、結果として三ヵ月かかってこの曲を作るに至った。この曲を作ったときの記事がこのブログの奥底に眠っているので、ここでは改めて書くことはしないが、一言で言えば「選択すること」の曲だ、と、思っています。気になる方は過去記事を探してみてください(ブログの更新頻度が貧弱すぎるので、わりとすぐ見つかります)。
・ とにかくタイトルの破壊力が強いため、ライブにおいては積極的にタイトルコールがなされる曲のひとつ。「臨界事故という曲をやります」
・長い曲のひとつ。象徴的なピアノアウトロがあるが、これを省いても七分。とにかくセットリストにおける使い回しが難しく、メンバーは度々「この曲無ければいいのに、、、」と嘆いているが、でもだいたいのライブでいつもやってる。なんというか、音楽的にも内容的にも、他に代えが利かない曲なのだ。そりゃそうか。
・ライブにおいては青い照明が印象的である。これは歌詞に「青い光」という一節があることによるものだが、臨界事故における「青い光」というものがどういうものなのかは、お調べ頂くとけっこう画像が見つかると思います。
・また、中間部に少しだけ、赤い照明が印象的な箇所があり、これはやはり歌詞に「赤い光」という一節以下略なんですが、この「赤い光」がなんなのかは、調べてもたぶんでてきません。いちおう正解はある。
・テンポがめちゃくちゃ変わる曲(ただ、「テンポチェンジ」という種類よりかは「緩急」という種類に近いかんじ)。特に曲中で二回ほど出てくる七拍子の爆音テンポチェンジ箇所は通称「事故」と呼ばれている。もともとはこんなにテンポが変わる曲ではなかったが、気付いたらこんなありさまに。レコーディングにおいてテンポチェンジを再現するかは意見が割れたが、最終的にはクリック無しの一発録音という手段で強行することとなった。
・変拍子曲と誤解されることが多いが、上記「事故」部分の七拍子を除けば、アクセントの位置が特殊だったりするだけで、基本四拍子をキープしている。
・ベースが解放弦を多用する曲であり、解放弦を禁止されたらほぼ弾けない。キーの都合からカポタストを利用していて、その装着時間を稼ぐために、ライブではよく鍵盤の前奏が付く。
・作曲技術的には実は「温存」がひとつのテーマになっている。特に、4コード回転の温存と、四つ打ちの温存が大きい。最後の最後まで、決して安易には盛り上がりきらないという手法は、暗に臨界事故の進行を表しているとかなんとか。


2016/03/09

「ろいこ」

と読み、leukoと書きます。
アルバム発売しました。
合わせてふぇのめのんず公式疑惑ブログもそれに合わせた対応をしていかねばなりません。
重ね重ね申し上げますが、ほんらい体裁上は公式ブログではないです。



重ね重ね申し上げますが、ほんらい体裁上は公式ブログではないです。
アルバム、ろいこと読み、leukoと書き、ろいこと呼ばれています。
発売しました。
このブログは公式ではない、鍵盤のひとの個人的スペースですけど、
楽曲の紹介などを、個人的な趣味の延長として、責任感なくこなしてまいりましょう。
つとつと一曲ずつ。





000001.night black

「白黒な君の闇は 怒りも悲しみも 無いように見えていた」


・ないとぶらっくと読む。
・デモ音源完成は2014年3月頃。ちょうど現ベース加入騒動の時期であり、「BLACK LEADY」とだいたい同時期でもある。
・もともとタイトルは大文字で「NIGHT BLACK」だったが、「夜ノ黒」「ヨノクロ」などを経て現在の小文字「night black」に落ち着く。
・バンドでの初演は2015年11月。というかこの記事を書いた時点では、まだ三回しかライブでやってない。幻の曲、、、というか単純に最近の曲。
・アルバムのレコーディングが2015年12月だから、要するにアルバムに収録するために頑張った曲ですね。
・アルバム一曲目にして最大の技術難易度曲。臨界事故とかも難しいけど、、、難易度のタイプが違うわよね。
・主にベーシストが死ぬ
・もともとの発端は、鍵盤のひとの作る曲に対する周囲の「プログレっぽい」という評価に対して、鍵盤本人はプログレを作ってるつもりは皆無だったので、だったらちゃんとプログレっぽい曲を書いてやるわいと奮起し、結局あまりプログレにはならなかったという曲。
・動機こそ目指せプログレであり、結果として高難易度曲ではあるものの、最終的な作曲者のイメージとしては決して「技術主張の強い曲」「テクニック曲」だとは思っていない。むしろけっこうテーマ性や雰囲気に重きを置いた曲の部類だと思う。
・ふぇのめでは(いまのところ)数少ない、ギターソロのある曲。とは言えフレージィなソロではなく、ほとんどノイズ製造。
・また、全体にコーラスが多用されている楽曲でもある。ただしわりと楽器隊全員いそがしいため、あんまりコーラスするような余裕がない。
・ギターはスパイダーカポが必要。1弦2弦のみ1フレットにカポという仕様で、こうすることで開放弦のチューニングが全て完全四度で等間隔になる。
・フェノメノンズ楽曲中でも異彩を放つ、非常に特殊な和音感を持つ曲である。「和声的解釈」と「コード的解釈」をいろいろ相互補助しながらミックスした結果であり、つまりコードネームを当てはめるだけでは解析しきれないし、はたまた和声的分解だけに頼っていても理解は困難だが、両方を同時に用いると謎が綺麗に解ける。(いったい何を言っているんだ)
・あとはけっこうスケール感もけっこう特殊。フリギアとエオリア(ナチュラルマイナー)の併用によるところだが、途中でやたらギターが変化和音を多用する上、メロディの帰結位置も時によって曖昧であるため、わりと判断がしにくい。その辺りのもやもやが、ギターソロ後のコード解決時の快感を導いている。やっと解決した!ってかんじがある。(しかし、やっと解決したにも関わらず直後に歌詞で「延々続く」って言い出して、曲はまた曖昧に戻っていってしまう。このあたりの展開はこの曲の醍醐味。熱弁。)
・リズム的には6/8と3/4の感覚がこれまたミックスされていて、これがフェノメンバーをたいへんに苦しめた(とくに竿二人)。一時期はレコーディング断念まで噂されたが、強行突破。
・歌詞内容的は、けっこう心理的というか抽象的というか断片的というか。エモーショナルの有り方が、直接的ではなく間接的に表れているようなかんじ、、、?
・(歌詞完成時のメンバーへのメールより抜粋)色彩を判別できないということの原因はふたつあって、光量が足りないという場合、色覚に異常がある場合、どちらかなのですが、前者の場合には、最終的には色どころか何も見えなくなります。後者の場合は、色が見えなくても形(輪郭)は見える。ものごと、目に見えるものと実態真実は異なっていることも多々ありますが、この「見える」という状態一言にもいろいろ、色々あって、夜ノ黒の中で、色彩が見抜けない時、それは光が足りないからなのか、それとも光の無い時間を生きて、自分の目が色彩を無くしたのか、夜ノ黒の中で、その実態を見抜けるか。そういった中で、目安になるのは、自分の目と、誰か他人の目、かもしれない。目の色を窺う、という言葉もあることですしね。できればそれは、光が全てを照らしてしまう前に、夜ノ黒のうちに、試みておきたい。
・ロイコのジャケットデザインは、テーマ性においてはけっこうこの曲の影響が大きい。





Powered by Blogger.